HOME>眠るための環境

眠るための架橋

 

ちょっとした工夫で眠りやすい環境に

 

質のよい眠りをとるには「眠るための環境」も

 

とーっても大切ですよ。

 

 

眠る環境となると「寝室」ですが

 

その「寝室」の  “温度・湿度・音・光”

 

これが睡眠にすごーく大きく影響しているんですね。

 

皆さん、なんとなく感じていますよね・・・

 

 

季節の変わり目などに、いつもの調子で布団に入ったのに

 

暑くて何度も目が覚めたり、逆に寒くて寝つけなかったり、

 

なんて経験ありませんか?

 

または、さっきまでパソコンいじっていて疲れているのに

 

寝つけない・・・なんてことも。

 

 

ちょっとした工夫や、習慣をかえるだけで

 

いつもの不満が解消されるかもしれません。

 

いつものことだから・・なんてがまんしないで。

 

ちょっと、やってみたら眠りが全然変わった!!

 

昼間眠くならないよ!

 

と言っていただけます。

 

 

“温度”と“湿度”は『夏』と『冬』で大きく違いますね。

 

そこで、『夏の眠り『冬の眠り』として。

 

そして、『眠りと音』『眠りと光』として。

 

ご説明させてくださいね。


概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
Copyright©suiminkoubou ozawa. All rights reserbed.