眠るための環境_夏の眠り

 

温度と湿度を上手にコントロール

 

暑くてなかなか寝つけない・・・

 

寝ている途中で暑くて目が覚める・・・

 

だから、寝不足で夏バテ気味・・・

 

熱帯夜が続く夏は毎年、そんな経験をしているとおもいます。

 

特に大都市は「ヒートアイランド現象」なんていわれるくらい

 

夜になっても都市全体の大気や建物の熱が下がらない・・・

 

夜中に[熱中症]なんてことが!

 

 

そんな夏を快適に眠れる方法を教えますね!

エアコンを上手に使いましょう

スーっと寝つけて、そのあとも、ぐっすり。。。

 

これが〔理想的な眠り〕ですよね。

 

それには、手足から熱を出して体の中の体温(深部体温)

 

下げることが大切です。

(あなたもわたしも、動物もみんな自然のリズムで体は熱を下げたいのです)

 

しかし、室温も高ければ湿度も高い夏の寝室ではなかなか下がらない・・・

 

そこで!エアコンです。

 

エアコンで室内の温度を24℃~28℃に。湿度を50~60%にすることで快適に眠りにつく

 

ことができます。冷やし過ぎはダメ!24℃以下は少し冷やし過ぎですよ。。。

(エアコンの効きすぎた部屋で毛布をかぶって寝るのが好きな人、気持ちはわかりますが・・・ダメです・・・)

 

寝つく時に気持ちいいと感じる室温では、眠ると体温が下がるため、

 

寝冷えや夏カゼになりかねません。

 

タイマーを使い、寝てから2~3時間で切れるようにしておくことも

 

おすすめします。このときに除湿モードにしておくこともいいでしょう。

 

寝入るときに使うだけでも、スムーズに寝入ることができて

 

ぐっすり。。。につながります。

 

そして、もうひとつ。

 

夏にお布団を干したとき、お布団が熱くて・・・なんてこと、ありませんか?

 

クーラーの吹き出し口の下に敷き布団やシーツを広げておいて、冷やしておく

 

のもいいですよ。

扇風機も使えます。

先ほどのエアコンの冷たい風を、扇風機をつかって室内に回して空気の流れを

 

つくることで、設定温度を下げなくても、充分冷たさを感じます。

 

また、手足からの熱も出しやすくなりますよ。

 

寝入ってから体温がさがりきる、約3時間くらいで切れるようにタイマーをセット

 

しておくとよいですね。

 

ベッドを壁から離しましょう

エアコンを使っても部屋が暑く感じる場合、壁からの熱が放射されているから

 

かもしれません。

 

夜になって外の気温がさがっても、建物は昼間の熱をたっぷりと吸いこんで

 

いるので、部屋の壁が熱を発生します。

 

そうしたとき、ベットが壁に近いと余計に暑さを感じます。

 

特に、南側と西側の壁は陽がよく当たるので温度も高くなります。

 

陽あたりの少ない場所にベットを移動してみてはいかがでしょう?

 

壁や窓に「緑のカーテン」もおすすめです!

 

見た目も涼しいし、実際に壁の熱の吸収を緩和してくれます。

 

背中をさわやかにしましょう

わたしの家、実はあまりエアコンが効かないんです・・・

 

家の中に熱がこもっているせいか・・・

 

でも!

 

熱帯夜に眠れるんです!しかも、しっかりと!

 

なんでかな~と考えてみると、原因が背中にあったことに気がつきました!

 

ちょっと思い出してみてください。。。

 

夏の夜、布団のなかで冷たい場所を求めて、ゴロン、ゴロン・・・

 

こんな経験ありませんか?

 

要するに、敷き寝具が原因でした。

 

通常、睡眠時にはコップ1杯の汗をかきますが、

 

夏は気温が高いため、通常よりも発汗量が多くなります。

 

汗は敷き布団に接する背中でいや~な蒸れ「湿気」を感じさせ、

 

布団の中を暑く感じます。

 

そのために、ゴロン、ゴロンとなかなか寝付けなかったり、

 

眠りが浅かったり・・・

 

お布団の中は【温度33℃ 湿度50%】これを保ってください!

 

そこで、おすすめする素材は『麻』です。

 

パットやシーツを『麻』素材に換えてみてください。

 

麻は熱を伝える能力がおおきく、ほてった体の体温が逃げやすく

 

なります。

 

それに湿気を吸う力と出す力がすごいんです。出る汗をすばやく取り去り、

 

乾かしてくれるのが『麻』です。

 

『麻』は千年も昔から敷布団に使用されてきました。先人たちの智恵です。

そこで、

私のおすすめは!イワタの『麻パッド』

夏の眠り_本麻パッド

中綿も麻100%にこだわっています。表面の凹凸やシワが身体との密着をさせず

 

より、通気性がいいんです!

 

ご家庭のお風呂で洗えます。夏はたっぷり汗を吸いとってくれていますから、

 

水洗いができて、日に干せることは大切なことです。

イワタ【本麻パッド 褥(しとね)】

中綿:麻100% 表地:麻100% 裏地:綿100% エコテックス

シングル 100×205

¥33,000(税抜)

セミダブル 120×205 ¥40,000(税抜)
ダブル 140×205 ¥47,000(税抜)

※その他、クイーン・キング・ベビー・ジュニアサイズもあります。


概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
Copyright©suiminkoubou ozawa. All rights reserbed.